歌ある限り — ペギー葉山

涙でふりむけば いつもそこに歌があった
その歌は いつかどこかで 聞いた歌
小さなその歌が 私の心をささえた
歌と共に空へ消えた 悲しみ

歌はやさしかった
花のような 星のような ほほえみ
私の歌声は
流れてゆく 涙色の街角に
私の人生は いつもそばに歌があった
思い出の箱を開けると 歌が鳴る
別れはつらいけど この世に歌があるかぎり
私は恐れず 愛しつづける

歌はやさしかった
母のような 友のような まなざし
私は歌いたい 愛をこめて
燃える命 ある限り

歌はやさしかった
母のような 友のような まなざし
私は歌いたい 愛をこめて
燃える命 ある限り