東京傷年 — ナイトメア

双子の理性 地に着かぬ足
常識人の消えた街
グチャグチャに愚者が 彷徨う様は
ふわふわ High High 徘徊 快 怪
交差する欲に 濁る純心
涙に意味は無く
迷える羊 眠りつくまで
ふわふわ跳ね跳ね 繰り返した。

幻に夢をみて 胸が震えた夜
小さな光抱いて 静かに眠ったあの頃….

壊れるほど強く思い 辿り着いたこの場所に
何も見出せない 吐気がします。
揺れるネオンの星 埃臭い街の夜に
「鳴いた少年でした。」

幻に夢をみて 胸が震えた夜 遠い蜃気楼….
真夏の夜の悪夢
今、全て消え失せろ

壊れるほど強く思い 辿り着いたこの場所に
何も見出せない 吐気がします。
揺れるネオンの星 埃臭い街の夜に
僕は消えるのか?
壊れるほど深く沈み 辿り着いたこの瞬間に
何も見出せない 吐気がします。
濡れる星の塵と 埃臭い夏の日
「泣いた少年でした。」