目覚めの森 — ダイスケ

とおり風が森をかけぬけて
木々は囁き 小鳥は羽ばたき
次の季節の香りをのせて
ぼくの横をさっと過ぎました

夕べあれほど 夜を邪魔してた
雲は眠ってる間に遥か空
嘘みたいな青色が見上げた
新緑の隙間に鮮やかで

このまま国道へ抜けて
もう一度 あの街へ帰ろうと決めました

隣りあわせ光と影
ズボンの泥をはたいたら
陽だまり 虫の声 擦りむいた傷は痛み
風の唄 飛行機雲 身体に血はめぐり
踏みしめた 目覚めの森

遠くで走る車の音 せつかれて
走り出しました もう見失わない

ふみ違えば光は影
シューズの紐むすびなおし
汗ばんだTシャツに 鼓動は波を打ち
ガスの匂い 看板に 見慣れた街の文字
もう一度 自分自信を やり直してみるよ
はじまりは いつの日も 迷いに暮れた朝
踏みしめた 目覚めの森