魔法の言葉(08.3.5 at 岡山ママ2) — ゴーストノート

朝目覚めて忘れた夢 君が残した写真立て
煎れたてのコーヒー甘すぎて いちいち苛ついてる まだ朝

どこまでも続いているような 青すぎる空が眩しくて
もたれた壁が冷たくて いちいち感傷に浸ってる朝

確かな答えなんてないけど 流れ流されケセラセラ
今だけは悲しい歌 心のままに歌う歌

歌おう 歌おう 魔法の言葉 誰にも触れないようにできてる
叫ぼう 叫ぼう 声が枯れるまで いつでも愛してる
いついつまでも愛してる

今歩いてるこの道に知らない名前の花が咲く
知らない誰かとどうでもいい噂話に花が咲く

確かな答えなんてないけど 大きく手を振ってサヨナラ
今だけは悲しい歌が僕らを繋ぐ糸ならば

歌おう 歌おう 僕らが主役 誰にも邪魔できないようにできてる
叫ぼう 叫ぼう 声が枯れるまで 何度でもやり直せる
何度でも生まれ変われる

何気ない一言が 青すぎる僕らを支えて
笑顔で言えるほうが ちょっぴり嬉しい
日々繰り返し映すもの全部 鮮やかな景色に変えて

歌おう 歌おう 声が枯れるまで 掴んだ手は離さずに
歌おう 歌おう 魔法の言葉 誰にも触れないようにできてる
叫ぼう 叫ぼう 声が枯れるまで いつでも愛してる
いついつまでも愛してる