君に捧げるほろ苦いブルース — クミコ

淋しさにひとりのむコーヒーは
ひきたてのほろ苦い味がする
ゆきずりの夜に買うわたあめは
君と愛した味がする
Bye Byeまだ 夢のようさ
Bye Bye君 ドアの外の
気に入りの 紫蘭の花
昨日の朝枯れたよ

淋しさに一人弾くセレナーデ
イントロはほろ苦い音なのさ
ゆきずりの街に聞く汽車の音は
君と愛した音がする
Bye Byeまだ 夢のようさ
Bye Bye君 ドアを開けて
六月の空を見れば
まぶしすぎる僕だよ
Bye Bye My Love 永すぎた
Bye Bye Bye My Love 僕の歌もやがて
Bye Bye My Love 終るだろう
Bye Bye Bye My Love もうすぐ

淋しさに一人書く置き手紙
宛先はほろ苦い友達さ
横書きの白い地の便箋は
愛を記した時もある
Bye Byeまだ 夢のようさ
Bye Bye君 ドアを閉めて
思い出の紫蘭の花
庭の隅に埋めたよ
Bye Bye君 すぐに行くよ
Bye Bye Bye My Love 君と同じとこへ
Bye Bye My Love 夏になれば

君のいるところへ きみのいるところへ
君のいるところへ きみのいるところへ