再会 — キム・ヨンジャ

もしも命の 砂時計が
残りわずかと 言われたなら
私もあなたに 逢いたいと
きっと 電話したでしょう
突然の れんらくに
すべり落とした コーヒーカップ
ああ 一時間だけ 逢いたいと言う
あなたの声 静かすぎて悲しくなった
ああ 別れてからも 愛していたと
あなたはそう あなたはずっと知らないで

夢は叶うと 信じられる
何も知らない 青春(こども)だった
あの日のふたりを 想うたび
今も 泣きたくなるわ
いつの日か 再会を
ねがい続けて 暮らしていたの
ああ 一時間だけ 逢いたいと言う
あなたの声 優しすぎて苦しくなった
ああ 別れてからも 愛されてたと
私もそう 私もずっと知らないで

ああ 一時間だけ 逢いたいと言う
あなたの声 優しすぎて苦しくなった
ああ 別れてからも 愛されてたと
私もそう 私もずっと知らないで