恋人が待っている — カジヒデキ

この部屋で君を待っていたんだ
いつの間にか髪も伸びてたんだ
君は少し切ろうと手でなでるけど
切りすぎるから だめさ

速すぎる流れに身をまかす
君にあえる時間が消えていく
シュガーぬきのコーヒーを床にすてる
タイミングだけ だけ

泣いても 笑っても この船はすすむ
レモンの涙が ほほをぬらす
君が待っててくれるなら 急ぐ急ぐよ

あの丘で君に会いたいんだ
少し伸びた髪に触れたいんだ
答えを待つ 君の目 ウインクで返そう
新しい歌 うたう

泣いても 笑っても キャベツはそだつ
何も変えずに 生きていきましょう
君が笑ってくれるなら 走る走るよ

ちょっと行き止まり ヒュルリかわす

泣いても 笑っても この船はすすむ
レモンの涙が 溢れてくよ
銀の馬 夜空を駆けぬけていき
クリスマスの季節に 雪をふらすんだ
君が待っててくれるから 走る走るよ
死ぬまでいくよ