ラ・ブーム ~だってMY BOOM IS ME~ — カジヒデキ

まどろむ表通りをぬけて 夏をもぎとった君と
なんとなくブラブラしたり 大きな声で叫んだり
窓の外なり響いてる クラクションの音が バッバッバッバッ
はねあがる水しぶき よける 僕の軽い身のこなし
そうさ 少しずつ 少しずつ 君につたえるよ
五月のやさしさを
夢みても何もかもが 偶然つながるよ
何日もドアをたたき つづけて ふるえてたよ
けして 寒さのせいじゃないのさ NOW MY BOOM IS ME

ユーウツな雨がふりつづいても 雪がハートを曇らせても
ドアの中で待っていた 君に魔法をかけたいのさ
ミニスカートも ひまわりも 涙が出るくらい
いとしさのハーモニー
一口サイズのチョコが 口の中とろけるよ
何枚もドアをたたき つぶして ここへきたよ
けして 熱さのせいじゃないのさ だって MY BOOM IS YOU

何枚もドアをたたき つぶして ここへきたよ
けして 暑さのせいじゃないのさ 本当さ

みんな僕を好き みんな君を好き みんな自分の事も愛してる