AROMA — アンティック-珈琲店-

ただあの頃はそばに居れたら 幸せで
言葉はいらない 恋人という証拠が欲しかった

悪いモノほど綺麗に見えてしまうんだ
ひどい仕打ちも許せたキミの笑顔がずるかった

キミを嫌いになる術 ボクは忘れてしまった
途方に暮れて探しても 見つからぬ答え

全てを愛してくれなくていいよ 少しくらい気持ちがあれば
それでも共に時を重ねていけば いつか振り向いてくれると

眠れない夜 ずっとメールを 待ってたよ
遠く果てない明日に息を切らして向かったよ

幾度もぶつかり合って 一緒に作り上げてきた
ビクともしない思い出が 胸を締め付ける

どうしてボクは愛されるよりも 愛することを選ぶのだろう?
そうやって自分を傷つける道を 進んで苦しんじゃうよ

アロマの炎を愛に例えた
炎は消えても残る香り ボクに染み付くよ

悲しすぎるよ

わずかな時間しか残って無いと心の中では気づいてる
本気で傷つくことも恐れない 失うものなどないから
全てを愛してくれなくていいよ 少しくらい気持ちがあれば
それでも共に時を重ねていけば いつか振り向いてくれると
さよなら来るまで待ってる