ボクは側にいるから — アンティック-珈琲店-

キミを (キミを) 必要とする人は絶対
この世界に一人いる ボクは側にいるから

願うことしか出来ずに 踏み出す勇気が出なくたって
「ボクは弱い」と 決めつけて生きることに慣れていない?

傷んだ羽 休ませる泉
無いのならボクの胸までおいでよ

キミを (キミを) 必要とする人は絶対
この世界に一人いる ボクは側にいるから
だから (だから) 怖がる自分に負けないで
キミの瞳に僅かでも奇跡を魅せてあげたい
一緒に飛び越えよう

迷い疲れる日々 必ず道はある
ゴールへキミが迷わないよう支える

キミが (キミが) 飛び立つまでボクは隣で
零れ出す溜息の吐息にまで触れたい
高く (高く) 舞い上がろう かざす手よりも
遠回りしてたけど 輝く時を信じて
キミを (キミを) 必要とする人は絶対
この世界に一人いる ボクは側にいるから
だから (だから) 怖がる自分に負けないで
キミの瞳に僅かでも奇跡を魅せてあげたい
一緒に飛び越えよう