ベストアパート — アンティック-珈琲店-

なんとなく笑って 何となく怒って
居た日々が愛しくて すごく切なかったよ

親に内緒で 家を飛び出て 最初の 二人暮らし
お金も無くて 布団も無くて 肌を寄せ合わせた

寝るのさえ勿体なく 朝が来るまで語りあかしたね

寂しい夜も凍てつく寒さも
互いの温もり抱きしめ 乗り越え
いつでも横には優しいキミが居て
悲しい出来事も その笑顔で消えてた

初めて迎えた 二人になってのボクの誕生日は
共に忙しく 一緒に過ごす事も出来なかったね

帰って部屋に置いてあった高価な財布 お金も無いくせに

涙がポロリと流れてきたよ
「ありがとう」言いたくて キミの帰りを待った
カップに溢れるくらいの優しさ
暖かさ ボクの胸 ギュッと締め付けてくんだ
アパートの廊下を歩く 足音が聞こえるたびに
耳を澄ませたよ
玄関の扉の鍵を開ける音 聞こえてボクは
迎え走ってく

幸せだけを残して 此処を離れる時がやってきた

なんとなく笑って なんとなく怒って
居た日々が 愛しくて すごく切なくて
永遠の想いを 形にしないまま
過ぎ去ってく 時間が止まればいいと思った
部屋を出る二人最後の日 幸せが染みついた壁に
二人の名前を
それぞれに色んな想い 一本のペン先に託し
そっと書いたんだ