【atmosphere】 — アリス九號.

また 焦がれてゆく 吹き抜ける風と
雨上がりの日差し、夢の続き。

パノラマ示す碧さ 目眩がした
目下には 広がる空、見上げていたもの。

Atmosphere 際限なく広がる
羽根を求め 飛び立つまで 目を閉じて
I just hold precious things by my side.
浮遊した感覚は 距離を超える

澄みわたった路 天架ける橋が
きみと地平線を 分断する

全てが早く過ぎて 息切れした
確かなものは 一つ 傍に居たい気持ち

Close to you 空想さえ飛び越え
霧はやがて 雲になって包むから
I just hold precious things by my side.
憂鬱な日々から さぁ、滑り落ちよう!

Atmosphere 僕ら墜ちてくけど
羽根を求め 飛び立つまで 目を閉じて
I just hold precious things by my side.
浮遊した感覚は「現実」を壊してゆく