500マイルメートル — め組

雨の日にも俺の涙も染めてもくれる
およそ君に届く距離500マイルで
雨の日にも俺の涙も染めてもくれる
およそ君に届く距離500マイルで

甘く放たれる君の髪
身体の隅々まで浸透中
人工衛星、ふと接続して
GPS位置情報を知る
浮世絵が好きな君
値段を見た瞬間 空を見た
ポツポツ降り出した雨
泣いてなんかないよ
君がこの雨
降らせたんだろ

傘はこのまま差さずに
まぶたを閉じて
腕時計してたの忘れて
時間が止まる
誰もいないか気にしながら
手と手を広げて
世界の屋根打つ雨のリズムに
合わせて
だっだっだ
水たまりを鳴らす!

雨の日にも俺の涙も染めてもくれる
およそ君に届く距離500マイルで
夢の中で君と中指同士でキスした
およそ目が覚めるかの約500秒前で

君が部活に行く姿
凛とした時雨
道草して雨に浮かれる俺
帰宅部すらなれず
未来の俺が突然来た時
ため息をつかせても
2人で「まあまあ」言いつつ
誰もいないか気にして
だっだっだ
水だまりを鳴らす!

雨の日にも俺の涙も染めてもくれる
およそ君に届く距離500マイルで

歌の中で俺と君が織り成す風景
およそ絵の具などいらん そう雨で描く
晴れたら晴れたで
太陽に やあボンジュール!
濡れた手で手を触って
虹みたいだね

滑り台を助走にして
その先の柵をゴールに
見立てて