余所見 — め組

君が余所見をした瞬間
小さい背中がかわいいので
驚かせたいものも兼ねて
間もなくすぐ抱きしめた

僕にはこの人だけだと
思ったこともあったけど
何かと君のせいにしてさあ
この人じゃないって結末だ

遠い近い関係なく
また驚かせてみたくなる
ねえ

君は今、この瞬間に培ったすべてを
すぐ行動に魔が刺すような僕を突き放して
甘えとか虚しさも込みで
心配そうに小さくバイバイした

僕が余所見をした瞬間
迷子な子供のように
2、3ヶ月くらい前から
僕を僕として見てない

僕にはこの人だけだと
終わりにする前に主張して
何かと君はクールでさあ
僕じゃないって結末だ

価値も身体も別々
でも「一緒に」って言葉に泣きそうになる
ねえ

君は今、この瞬間に交わしたすべてを
すぐ衝動に身を置くような僕を突き放して
買わされたTシャツも込みで
残念そうに小さくバイバイした

遠い近い関係なく
また驚かせてみたくなる
ねえ

君は今、この瞬間に培ったすべてを
すぐ行動に魔がさすような僕を突き放して
甘えとか虚しさも込みで
心配そうに小さくバイバイした

この歌が、終わったほんの数秒
僕との思い出が横切ればいい
愛情や優しさも込みで
泣きそうに小さくバイバイした

君が余所見をした瞬間
僕が余所見をした瞬間
振り向いたら居なくなってた
もうずっと前の事だけどね