花の季節 — みとせのりこ

遠い野道をただ 馬車は過ぎて行く
冬の静かな夜 森は今眠る

時は巡り 町の空に 光あふれる朝は
つばめたちが呼びかけるよ 花の季節が来たと

暗い野道をただ 馬車で今日もゆく
ゆれるランプの灯に 結ぶ旅の夢

時は巡り 町の空に 光あふれる朝は
つばめたちが呼びかけるよ 花の季節が来たと

重なる生命をただ 馬車はのせて走る
刻む轍のように 終わらない旅の夢

時は巡り 町の空に 光あふれる朝は
つばめたちが呼びかけるよ 花の季節が来たと

Lalala… ばらの花束投げて
娘たちと踊れ今日こそ燃える炎のように

Lalalala…