水彩銀河のクロニクル — まふまふ

小さな箱庭からボクは
君の目にどう映るの
どう見えるの

寝静まる夜の中 毛布の包む中
広がる世界 ボクらの世界

流星に変えた火の鳥
空想 絵皿の街並み
何色を足して今日を描こう

闇夜に踊る星屑の雨
小天体にあぶれた涙
オールトの雲間でかくれんぼ
まださみしいから

彷徨い 微睡む夜に見つけた
水彩銀河のクロニクル
泣き虫を探して空を行こう
君がそうしてくれたように

ふわふわ 風に乗り
春まで寝過ごして
どこ見ているの 何しているの

氷上のパレードを越え
サンシェードで飛ぶ白雲
建て込む塔を吹き抜ける夜想

夢の溢れる泉へ行こう
左頬のリネアを辿ろう
指折り数えたあの日のこと
ボクは忘れない

大人になったら気づけない
小さな綻びが あの日の全てだった

背伸びして届いた 片道の扉に
何回も ボクは何度も

置き忘れていく

闇夜に踊る星屑の雨
ねえ 君に出会えてよかった
オールトの雲から飛び出そう
もう泣かないから

今日この日をもって終わりにしよう
ボクと君だけのクロニクル
泣き虫を探して空を行こう
君がそうしてくれたように

もう一度 君に会えるかなあ