ふたりぼっち — まふまふ

ああ 砂場に描いた
未来と違うけど
笑われ者 慰み者
ボクら名を持てたのだ

投げつけられた 石の数だけ
今日も何かを疑ってきた
優しさもおかえりも
どよめきに聞き違う

ああ
もしもひとりぼっちなら
ボクとふたりぼっちだよ
もしも泣きたくなったなら
ボクもそばで泣かせておくれ

こんな忌み物の身体
でもね 誰よりも近く
貴方のそばにいられるから
ボクとふたりぼっちしよう

確かに芽生えた
禁忌となった恋慕は 何処に隠そう
何を隠そう ただの人影なのだ

影には影が無いように
ボクは誰に愛され 抱かれもしない

こんな両腕だけが
貴方の傷をわかるんだ

だからひとりぼっちなら
ボクとふたりぼっちだよ
もしも消えたくなったなら
ボクが此処で見つけてあげる

こんな忌み物の身体
でもね 誰よりも近く
貴方のそばにいられるなら
ボクは歌うよ ボクは歌うよ

夕焼けの窓 終わる影踏み
宵闇の空 何処に隠れよう

貴方に呼ばれるまで
ボクはひとりぼっちするよ