罪の果実 — まきちゃんぐ

はしゃぐだけの季節はもう終わりと
告げるような夕日
愛しい貴方の匂いに
胸の奥のアタシが泣く

アダムとイヴの食べてしまった
甘い罪の果実がここにある

恋という名の理屈を超えた力が
今 無力なアタシを動かしている

アタシの代わりに空は乾いて
苦しくて心が濡れる
甘い罪の果実の木が
心に生えて実をつける

アタシは悪い子
どんどん果実が大きくなるばかり

恋という名の理屈を超えた力が
今 無力なアタシを動かしている

風が止み 紅に染まる空
この果実と同じ色
やがて闇がのみこんでもすぐに
星が輝くように

恋という名の理屈を超えた力が
今 無力なアタシを動かしている
今 無力なアタシを動かしている