海月 — まきちゃんぐ

ねぇどこまでアタシは泳ぐの 独りで
気付かない振りして見上げた空には満月
漂うアタシを照らす

誰にも会いたくなくて 誰かに会いたい夜
月明かりが水面に落ちてまるでくらげのよう
自分だけに歌うわ
誰もいない独りの海

そう全ての願いが叶うというなら
一つだけアタシは願うの
当たらぬ光の色を教えて欲しいと

どんなに求めていても掴めないものならば
流してきた涙はどこへ消えていったのでしょう
あの日と同じままの
誰もいない独りの海

ずっと笑って
いられたら良いな
見えない鎖に今触れる

誰にも会いたくなくて 誰かに会いたい夜
月明かりが水面に揺れてまるでアタシのよう
自分だけに歌うわ
誰もいない独りの海

誰もいない独りの海