泣きたい夜に — まきちゃんぐ

今日はもう眠ろうか 何も考 えずに
いつもと同じ今日を 思い出すわけもない

どこにも 行けない

神さまを恨んだ夜に限って
月がキレイだ
胸にあふれた思いは
睫毛ふり切って落ちる
がんばれ がんばれ
記憶の貴方が言う

甘くないコーヒーを しかめっ面で飲み干す
目を閉じても眠れない 今日はこのくらいでちょうどいい

このまま 消えたい

夢中で迫いかけた夢は
夢のまま 幼いまま
ねえ 子供みたいに
今くらい 泣いてもいいよね
月の下で 一人うずくまる

だれにも 言えない

神さまを恨んだ夜に限って
月がキレイだ
涙で眠れない夜は
コーヒーのせいにしよう
きっと きっと
明日は眠れるはず
もう少し もう少し
ぼやけた月 ながめよう