ねえあんた — ちあきなおみ

ねえ あんた なんかとってあげようか
おなか すいてるんじゃないの 飲みはじめたら いつだって
全然ものを たべないんだから
胃腸が弱い男はさ
長生きしないって そう言うよ
ねえ あんた ボタンが一つ とれてるよ
外を歩いて おかしいじゃない
私 針も持てるんだ
こっちへおかし つけてあげるよ
ダラシが無い 男はさ
出世をしないって そう言うよ
ねえ あんた マッチが いっぱい入ってるね
いろんな店へ 行ってるんだね
まわりがみんな さわぐとき
ひとりで寝たりしちゃ いけないよ
やぼで無口な 男はさ
バカにされるって そう言うよ
ほんとだよ
あたし図画が 得意だったの
田舎の町の 展覧会で
賞品もらった こともあるんだ
だから ほら 壁もフスマも
私が選んで 変えたんだ
それだけ 借金かさんだけどね
この天井も 毎日 見てると
いろんな模様に 見えて来るんだ
羊や船や 首かざり
あんたの顔にだって 見えてくるんだ

ねえ あんた なんでそんなに 不機嫌なの
あたし何か 言っちゃったかしら
ほかの何処かの 人みたい
良いことばかり 言えないんだよ
すぐにおこる男はさ
もてないって 本に出てたよ

ねえ あんた 今言ったこと ウソだろう
ゴメンてひとこと 言っておくれよ
こんな処の女にも
言っちゃいけない 言葉があるんだ
そんなこと 言う男はさ
ここじゃ帰れって 言われるよ
やっぱりあたしは ドブ川暮らし
あんたを待ってちゃ いけない女さ
そうなんだろう ねえ あんた…