星の舞踏会 — じゅん&ネネ

星がやさしい銀色の
しずくをそっと落したら
僕はあなたの手を取って
踊り始める舞踏会
こうして腕に抱ける日を
愛した時から待っていた
たまらないほど会いたくて
二人の夜を待っていた
ほほ寄せ ほほ寄せ踊ろうよ
このまゝ このまゝ 寄りそって
月がやさしい銀色の(銀色の)
しずくをそっと落したら(落したら)
僕はあなたの手を取って
森の中に消えて行く

一番一番きれいだよ
誰にも誰にももうあげない
夜がせつないため息で(ため息で)
二人をそっと抱きしめる(抱きしめる)
夢を見ながら目をとじて
森の中に消えて行く
森の中に消えて行く