実りの季節 — おおはた雄一

もどかしさを追い風に
心は君へと向かう
かき鳴らし ひた走る
心は君へと

何にもまとわず
ただ風に 吹かれているような
ありふれたように見えた
君がくれた
実りの季節

その声はまっすぐに
まっすぐにここまで届く
その言葉はゆっくりと
ゆっくりと濃くなっていく

何にも迷わず
ただそれを 選んでいくような
ゆるがない君が見せてくれた
実りの季節

何にもまとわず
ただ風に 吹かれているような
ありふれたように見えた
毎日がくれた
実りの季節