針がくるった海洋泡沫解くように揆測する方眼面は豆乳機体の抵抗素を注ぐ神経は倒れた半熟卵曇天ランタン持つ無言に街の河へこのまま行けば訃報をとらねば舐める舌平均棒翼が刺さった太陽母音の真下で熟れて骨付き生肉全方眼グリーン元旦どんつき大炎上筒にくるまり海面へ鳶が反転ブルー方眼ブルー全身方眼ブルー方眼ブルー
わざと弛めたあやとり蚊とり禁男墨書き海女小屋ハルゲン凪潮に廃屋鯱の背泳ぎゴンドラ蹴飛ばし冴えにける砂時計尾が持たぬ背骨赤潮に赤味噌湖国の虫の闇海女の白歯みたりどの窓も杭の滝
さかしま滑脱遠泳胴持つ葉液彼岸寝台に浮く見痩せした襞微醺の型式 乾坤一擲鬼百合ひらく 狭霧を押してメランコリアン具図愚呪露しぐれ日に散弾清明に浴び夕焼け白目に充満すひとつ生の 木漏れ日背にうけ我に似る人水泡へ歩いてく 銀泥の地の光悦我生と寂の他 死はいらむ帳の襞に隠れた亡骸よ充ちて難破水面キュンぎら大星天いつになく惨たらしく蒼空苛烈三万km目薬さして乳脂肪に可能態定法悟性と不惑は貯える意思暖かい直
燵起点のない乱脈に雪原の船外砂礫の下には征服しえない叛乱熊橇走らせ滑ツ記ス記ス滑ツこのまま白く全く淡く黄道開闢刷晨常軌一石に神々籠もるくもり曇る炭遍路糠雨に背筋正し騎兵隊熊蝉除雪車おしてくる永らえてまたこの途を梁氷山にたつ偶発に糾問囮の足裏お台場パセリ豆腐屋のホース号砲なりて酸にかわる
観念の息吹がせめぎあう午後火の玉をみる罪をなからんば咎めて値をもとめれば褒める全能なる種よ生存とはかえ玉をみる全て唸を変換出来ぬたてまえ に雪片に斧音たてもぐら坎噴火口が堕ちてくるノープロブレムグレーグビズマズ
薄墨に村のはずれ平原の向こうの山山螺旋雲が別れをつげる影を滲ませている杉林が正午の黄金光線を捉え角にまがりこみ法螺貝ならした牛の群暁の黎明ケロイド牧原帆をはる
ものみな積分があるように運ばれてくる寒い朝窓ぎわで外をみると棺桶に乱立してる詫びた餌にキャット空中大三回転瞼の母もキット海中半回転行くあてがあるから行くあてがない抜け落ちた爪は山羊の角粉遥けし君そらおぼめきすりあし砲弾ささめき猫騙し
とけ墜ちた網膜紫けむる岬に汽笛が昇るあなたは星の屑ふと私星の中もどれない刻のよう